部下を育てるための コーチングのやり方 会話術

ブログ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コーチングとは、『会話によって相手の優れた能力を引き出し、相手が自発的に行動することを促すコミュニケーションスキル」です。

そして、このコーチングには、多くのスキルや、相手に合わせたさまざまなやり方がありますが、最終的にたどり着く、一番大切な部分は、相手を最初から最後まで相手を信用し、受け入れて、相手を承認し続ける。その上で相手に効果的な質問することによって、相手の内側にある答え(行動)に辿り着くというものです。

では、もう少し具体的に『コーチング』の手順をみていきます。

コーチングの手順、それは

『 聴く → 受け入れる → 質問する 』

たったこの3つを繰り返すことだけなのです。

ただ、これがなかなかできないのです。

まず、この『聴く』と『受け入れる』は、会話の中で、ほぼ同時に行われます。

たとえ相手が、自分の考え方とまったく違う事を言っている場合でも、コーチングでは、決して問題解決の方法をこちらから提示しません。相手のことを100%信用して、相手の話を100%理解しようとしながら、『聴く』のです。この『聴く』ことは、強固な意志なしには、決してできません。間違っている相手を変えようとしても、相手は変わりません。相手の短所を手放そうとするのではなく、相手の長所にフォーカスして、それを認めてあげるのです。あなたが聞きたい事を聴くのではなく、相手が話したい事を聴くのです。

人は 自分の話を聴いてもらい、受け入れられると、それまで膠着(こうちゃく)して、同じところをグリグルとまわっていた自分の想いを整理し、前進します

 

そして『質問する』です。

このポイントを一言でいうと、『視野を広げる質問をする』です。ついついやって事として、『自分が持っている答えに誘導する質問』があります。しかし、あなたの誘導した答えに辿り着いても、部下は情熱を持って自から積極的に行動する事はないでしょう。『答えは相手の中にある』と信じ続け、あくまで相手の内側にある答えに相手自身が到達できるように質問をするのです。

 

いかがでしょうか、ここでは具体的なコーチングのやり方を、簡潔にまとめて書いてみました。正直に言って、この『 聴く → 受け入れる → 質問する 』を本質的な意味で理解をし実施することは、非常に難しく、以前に紹介した、『EQ』を高めることも必要になってくるでしょう。

ただ、もし今まで部下や家族に対して、相手の話を聴くことよりも、自分の答えを相手に伝える事を優先してきたのであれば、このコーチングの『 聴く → 受け入れる → 質問する 』を、一度ゆっくりと考えてもいいのかもしれません。

 




タイトルとURLをコピーしました