夫婦喧嘩を減らし、妻と最適なパートナー関係をつくるコツ(パート4)

ブログ

夫婦喧嘩を減らし、妻と最適なパートナー関係をつくるコツ

(パート4)です。

前回までに、夫婦喧嘩を減らす方法としての

5つのポイントがあり、1~3までの解説をしました。

********************

1.男 と 女 の脳の仕組み が全然ちがう事 を理解する

2.妻 の話を聞き、ただ共感する

3.妻を えこひいき する

4.妻を 絶望させる言葉 を言わない

5.感謝の言葉 をつたえる。

********************

今回は、

4.妻を 絶望させる言葉 を言わない

5.感謝の言葉 をつたえる。

を、解説します。

まず、大前提として、女性は

言葉が話せない 赤ん坊を育てるために、

大切な対象に意識を集中し、

相手が何も言わなくても、

何が欲しいか、何を求めているのか、

どうすれば嬉しいのか、

その意図を察して生きている

 

「 察すること 」が「 愛の証 」

だと、信じている女性に、

次の5つは言ってはいけない。

①『 だっ たら やら なく て いい よ

家事 が 大変 だ と 訴える 妻 に 言う と、

「 君 が いつも やっ て いる こと は、

僕( あるいは 世間) にとって は

それほど 重要 では ない。

やら なく ても 気 に なら ない」 と 聞こえる。

 

②『 つまり こういう こと だろ?

愚痴 に対して は「 わかる よ。 大変 だ ね」

と 共感 する だけで 十分。

頼ん でも い ない 要約 や 解決 策 の 提示 は

余計 な ストレス を 増やす だけ。

 

③『 おかず、 これ だけ?』

夫 が 自分 が 食べる ご飯 の 量 に対して の

おかず 量 の あんばい を、 あらかじめ 計る ため

に 聞い た ひとこと でも、

たった これ しか ない の?』 と 聞こえる。

余計 な こと は 言わ ず に 様子 を 見よ う。

 

④『 今日 何 し て た の?

家事 が 思う よう に でき なかっ た 妻 には

一日 家 に い て、 家事 も 満足 に でき ない

のか』 と 聞こえる。

 

⑤『 いい な ~ 君 は。 一日 ○ ○( 子ども の 名前)

と 一緒 で

  それ が 何より 辛い と 感じ て いる 妻 も いる。

そういう 自分 を 責め て い たり も する。

 

2.妻 の話を聞き、ただ共感する で、

解説したように、

共感することが必須の女性に、

気持ち(こころ)を否定したら、

会話も人間関係も成り立たない。

物事の事実を肯定しようが否定しようが問題はないが、

気持ち(こころ)だけは、まず共感しましょう。

(パート1)で説明をした、『わかる!わかる!』

を、常に使いましょう。

 

次に、

5.感謝の言葉 をつたえる。

を、解説します。

それは ずばり、この2点です。

①『いつも やってくれてるよね。ちゃんと分かってるよ。

いつも ありがとう

を、常に言う。

結婚記念日 と 誕生日 は、

ポイント1000倍デープラスも マイナスも

1か月前から、『~~こんな計画どう?』

と、提案しましょう。

当日のサプライズでイベント発表はNGです。

女性は、イベント当日に向けて、

楽しい時間を想像しながら、

あれこれ考えて、楽しみながら準備します。

もし、イベント当日にサプライズをしても、

『なんの準備もできなかった。幸せな準備期間を奪われた』

と、なってしまいます。

 

いかがでしょうか。

男性のみなさんは、

なんで? ここまでする必要ある? 面倒くさ過ぎる!

と思っていないでしょうか。

自分も楽しみながら、

この5つのポイントを実践する。

が、できるといいかもしれませんね。

 




タイトルとURLをコピーしました