会社の人間関係の悩みを改善 より良いコミュニケーションのためにコーチングを活用する

ブログ

会社で人間関係の悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。それぞれの立場でそれそれの考え方の違いによって、

人間関係がうまくいかない!!

会社の人間関係でストレスを感じる!!

職場の人間関係やコミュニケーションは、仕事の成果に大きく左右もつながるのではないでしょうか。

そんな悩みを持つ多くの方に、会社での人間関係をより円滑にして、上司や同僚、部下と より良いコミュニケーションをとりながら、人間関係を改善し、ストレスを減らために、

『コーチング』という、コミュニケーションのスキルで、多くの人間関係を改善する!!

これについて、これから2人の会話をご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《 登場人物 》

主人公: パパリーマン(年齢40歳、ごく普通のサラリーマン)

アドバイザー: 名古屋先生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『カンパーイ!!』『カンパーイ!!』

『名古屋先生!今日もお疲れ様でした』

『パパリーマン!今日もおつかれちゃーん』

『いやー、今日も節約とコロナ対策で、公園のベンチで飲む、スギ薬局で買った第3のビール(100円)とイカの姿揚げ(100円)がうまいっすね(^o^)』

『ほーだけど、たまには サントリープレミアムモルツ と ビーフジャーキーがええんやけど。』

『何言ってるんすか、名古屋先生!! プレモル と BJ は、自分の誕生日の時だけって決まってますから』

『ほーかね。(ビーフジャーキーをBJって略しても、ワシはツッコミは入れんでね)』

『ところで、名古屋先生!俺はもう疲れちゃいましたよ。』

『なにがだねー』

『いやー、会社で部下が全然 思ったように 動いてくれないんですよ』

『ほーなんか。それはてゃーへんだがね』

『そーなんすよ!! 俺がいろいろと分かりやすく、細かく説明して、指示を出してやってるのに、なんか上手くいかない んすよ。』

『ほーなんか。そりゃー やっとめ やねー』

『やっとかめ??』

『どーんな風に うまくいっとらんのーよー』

『言われた事をしっかり理解してなかったり、まったく自分で考えなくて、すこし困った事があるとすぐに、答えを聞いてくるんっすよ』

『リーマンパパもてゃーへんだがね。』

『わかってもらえますかー。上司もうるさいし、同僚も自分の事しか考えないし、もうほんと疲れちゃいましたよ。』

『ほいじゃー。 やっとめ やねー』

『やっとかめ?? 2回目??』

『ほんでも、どーすりゃーえーんじゃろなー?』

『もーわかんないっすよ』

『上司に同僚に部下に、会社にはよーさん人がおって、リーマンパパも やっとかめ!!』

『やっとかめ???』

『上司、同僚、部下、会社にはいろんな人がおるけど、リーマンパパがいま一番なんとかしたなーって思うのは、どの やっとかめ ?』

『やっとかめ?って ”人” って事ですか? でも、一番なんとかしたいのは、そうっすねー・・・。やっぱり今は部下の事かなー。 少し前までは、どうやったら出世できるかって、すごく気にしてた事もあってか、上司や同僚との人間関係が気になっていたけど、最近では会社の中で出世する事にそれほど執着がなくなったこともあってか、部下のことが一番きになってる気がします。』

『ほーかね。どーなったら、えーのんかなー?』

『それはやっぱり、部下が自分でいろいろ考えて、成果を出せるように行動できるようになる事ですかね』

『ほーか、ほーか、そん時、パパリーマンはどんな気持ちかなも?』

『部下の成長をうれしく思ってます』

『他人の成長をそんな風にうれしく思えるんかね?』

『それは自分がその部下の成長に貢献できたと感じれるからです。僕が指示をしたり命令をしなくても、部下が自分で考えて、自分で行動する。たとえ失敗することがあっても、その失敗をちゃんと受け止めて、また次の行動を考えて成長する。そんな風に自分も部下も会社も成長していきたいです。

あっ!!これですね。コーチング で部下とも話をするといいかもしれないって思いました。』

『ほーかね。コーチングかね』

『はい。ちょっと下の記事を見て勉強してきます。それじゃあ名古屋先生ありがとうございました。』

『ほいじゃーねー』

 

部下を育てるための コーチングのやり方 会話術
コーチングとは、『会話によって相手の優れた能力を引き出し、相手が自発的に行動することを促すコミュニケーションスキル」です。 そして、このコーチングには、多くのスキルや、相手に合わせたさまざまなやり方がありますが、最終的にたどり着く、一...




タイトルとURLをコピーしました